ホーム>立徳寺だより>法話>いいところへ生まれる?
法話

いいところへ生まれる?

 ある時のお葬式の事です。悲しみにくれるご遺族の方々が、お棺に花を入れて、もう一度「最後のお別れ」をしておられました。その時に、ご遺族の中の方が、亡くなられた方の耳もとに向けて、こうおっしゃいました。「いい所にうまれてよ」と。ご病気など亡くなられた場合、ご遺族は「もう苦しまなくてもいいのだよ」と、ご遺体に手を添えて、おっしゃる方もおられます。 ですから、この「いいところ」という言葉には、この世で経験したような苦しみがない「楽なところ」という思いが込められているのでしょう。
 
 また、若くして亡くなられた方の場合、ご遺族は「残りの人生を全うさせてあげたかった」という思いで一杯でありましょう。ですから、「いいところ」という言葉には、「楽しいところ」という意味も含まれているようです。いずれも、ご遺族の心中の思いを察すると、当然のことと思います。一般的に極楽浄土の世界のイメージは、こういった思いからできたものなのかもしれません。
 
 ですが、これだけに終わってしまっては、お浄土が生きている私たちの現在に関わるとはいえません。「死んでから行くいいところ」だけでは、今の私には関係のないという事になってしまいます。本当にそれで良いのでしょうか。
 
 ある先生のお話です。子どもさんを亡くされた女性が、「あの子はいったいどこへいったのでしょうか」と、その先生に質問をされました。先生は、「あなたはどこへいきたいのですか」と尋ねられました。じっと考えておられた女性は、「子どもと同じ所へいきたいです」と答えられたそうです。すると先生はすかさず、「仏様にならなくては誰があなたの子どもなのかわかりませんよ」とおっしゃいました。この言葉を聞いて、その女性は仏法を聴聞されるようになったそうです。
 
 仏教は「仏の教え」であるとともに「仏になる教え」でもあります。人間の苦悩(別れの悲しみ、病気の苦しみ、死の恐怖、生きていく辛さ)の根本を解決して、同時に他の人々を慈しむようになっていくことが、「仏になる教え」です。ですが、私たちは「仏に成る」ことを望んでいるでしょうか。悩んでも苦しんでも、その苦しみを作る根本を見ようとせず、ただ目の前の悩みや苦しみが解決さえすればよい。つまりは「楽になりたい」「楽しければそれでよい」と思うだけです。そういう思いの延長線上にお浄土を想えば、お浄土は「死んでからいくいいところ」でしかありません。
 
 ですが、本当に大切なのは、お浄土が今生きている私にとって、心のよりどころとなっているかどうかということです。普段は不平不満をばかりを言っている私たちが、仏となる道を聞き、恥ずかしさの中にも心強さをいただいて生きていくのです。そして、自分の死なんてまだまだ先の事と勘違いしている自分に気づき、お浄土という私のいのちの還る場所があることを大きな安心とさせていただくのです。阿弥陀経というお経の中には「倶会一処(くえいっしょ)」とありますが、私が仏になるその時には、先だった方とまた必ず会える世界があるのです。大切な方の死を通して、「仏になる道」を聞かせていただきたいものです。
 
ページ上部へ