ホーム>立徳寺だより>法話>お母さんからの請求書
法話

お母さんからの請求書

 先日ある布教使さんのお話をお聞きしましたので、ご紹介します。
 
 あるところに進君という、普段からお母さんのお手伝いをよくする、とても感心な男の子がいました。ある時、欲しいものができたのですが、自分の持っているお金では買うことができませんでした。なんとか足りない分のお金を工面しようと、ある作戦を思いつきました。それは、今までしてきたお手伝いに値段をつけて、お母さんに請求書を出すというものでした。「留守番をしたことがあったから百円、お使いに行ったこともあったから百円、お掃除のお手伝いが百円・・・」と、全部で五百円の請求書を作って、テーブルの上に置いて寝ました。
 
 次の日の朝、急いでテーブルを見に行くと、そこには、請求書の代わりに五百円玉が置いてあったそうです。進君は、作戦は大成功だったと、喜んで学校へ行きました。学校が終わって家に帰ると、お金が置いてあったテーブルに、一枚の紙があるのを見つけました。何だろうと見てみると、表に「お母さんからの請求書」と書いてあったそうです。びっくりした進君は、きっとお母さんは怒っているのだろうと、恐る恐るその請求書を読んでみました。そこにはこう書いてありました。
 
「お母さんからの請求書。
一、あなたが熱をだした時の夜通しの看病代。
一、あなたが毎日汚してくる洋服の洗濯代。
一、あなたが毎日食べてくれるご飯の支度代。
一、あなたが生まれてくれてからの育て代。
 
以上、全部無料。」と書いてあったそうです。子どもの思いも全部分かったうえで、親の気持ちを伝える請求書でした。
 
 進君は、叱られると思っていた自分の思いとは反対に、いつも自分の事を考えていてくれる母親の想いに気が付き、自分のしたことが恥ずかしくてたまらなくなり、泣き出してしまいました。そして、結局その五百円は使わずに、今でも宝物として持っているそうです。皆さんはこのお話をどんな風に感じましたか。
 
 子は、子を想う親の願いによって、自らの恥ずかしさや情けなさを知らされてくるものです。それは、いつも自分の思い通りになってほしいと願い、自分が何かした事に対しては見返りを願って生きている私が、もうすでに大きな願いの中にいることに気付かせていただくからです。
 
 仏様のお心も同じです。自分に都合のよいお願いをかなえてもらうのが仏様ではありません。何の見返りもなく無条件で、「いつでも、どんなときでも、あなたのそばにいますよ」という、すでに私を包み込んでいてくださる仏様からの願いに、喜びをいただくのです。私たちは自分が願うことを止めたときに初めて、願われていることに気が付けるのかもしれません。
 
ページ上部へ