ホーム>立徳寺だより>坊守の俳句エッセイ>アイスコーヒーを片手に帰り道
坊守の俳句エッセイ

アイスコーヒーを片手に帰り道

2017823153711.png
最近よく、視力が落ちてきたなぁと感じます。アラフィフ(50代に近い年頃)なのだから、当たり前ではありますが。やはり同世代の友人は、たいがいがメガネかコンタクトをしています。
 ですから、「目は悪くないのか」とたびたび聞かれることがあります。「悪いと思うけど、メガネの値段が高くて買えないの」と答えていました。すると、先日、「いまはそんなに高くないよ」と、友人が真剣に教えてくれたので、何だか申し訳なくなり、眼鏡屋さんに行ってみることにしました。
 早速、銀縁メガネ美人の店員さんに、じっくりと視力をはかってもらいました。すると結果は・・・。「左右とも視力は1.2ですね。乱視もありません」と冷たく美人店員さんは言いました。これでは、ま
ったくメガネなど必要のない十分な視力。いつの間にか「視力が落ちているはずだ」という思い込みがあったのでしょう。私は笑うしかなく、「すいません、すいません」と何度もペコペコして逃げてまいりました。まぁでもメガネ代が浮いて良かったです。そして隣にあるコーヒー屋さんで、いつもよりワンサイズ大きいコーヒーを買って帰りました。
 

 

ページ上部へ