ホーム>立徳寺だより>坊守の俳句エッセイ>他人の淹れしコーヒーや春隣
坊守の俳句エッセイ

他人の淹れしコーヒーや春隣

2017822171159.png

コーヒーが好きで、一日何杯も飲みます。
家事がひと段落した時など、とりあえずコーヒーを淹れます。

でもそのコーヒーはいつもインスタント。しょっちゅう飲むものなので、手間とお金はかけたくないのです。本当のコーヒー好きの人には呆れられることと思いますが。ところで今年は寒い冬で雪がよく降ります。でも伊勢原のこの辺は、ほとんど雪になりません。天気予報で雪だと騒いでも、「どうせ雨だろうな」とたかをくくっていた先日、珍しく雪になりました。吹雪の中、買い物のため、一人で車を走らせていた時、むしょうにコーヒーが飲みたくなりました。でも今は、いつもの自分のコーヒーではなく、誰かが淹れたコーヒーが飲みたいと思いました。そこで、お店のカフェラテをテイクアウトし、やっと気持ちがみたされました。たぶん味は自分が作るものと変わりないないのでしょう。でも毎日自分でごはんを作らなければいけない主婦の方々にはわかると思います。コーヒーを淹れてもらうことって、幸せを感じますよね

 

ページ上部へ