ホーム>立徳寺だより>坊守の俳句エッセイ>夕食の献立決めて冬めける
坊守の俳句エッセイ

夕食の献立決めて冬めける

2014111816198.jpg
今朝は木枯らし一号が吹いたようで、とうとう冬がやってまいりました。あの夏の暑さからほんの数カ月で、こんなに気温が変わってしまうなんて信じがたいです。生活も随分変わりました。特に食生活についてとてもそれを感じます。
 
 真夏は、アイスクリームを一日二個は食べていました。野菜はプチトマトばかり。暑くて料理をしたくなかったのと、そのまま食べられて疲労回復効果のあるリコピンが取れるので、最高です。料理はカレーを三日に一度は作っていました。でも最近は、ほっこり和食派になりました。気がつけば煮物や汁物ばかり作ってしまいます。なんだかまじめな主婦になった気分です。
 
 ところで先日、主人とドラックストア―に買い物に行きました。「最近は、ペットボトルの冷たいお茶は飲む気がしないね」と私が言って、ふと主人のカゴを見ると、2リットルのペットボトルのお茶がいっぱい入っていました。
 
「いや~、500ミリリットルのより断然安い」と言っていました。
勿論、主人用のお茶です。体感温度はそれぞれなんだなぁと思い知らされました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryuutokuji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/146

ページ上部へ