ホーム>立徳寺だより>坊守の俳句エッセイ>新緑の庭より日食を見たり
坊守の俳句エッセイ

新緑の庭より日食を見たり

2014111816856.jpg
先日の金環日食では、日本中が沸きたちました。皆様はご覧になられましたか?
 
私は最初、金環日食があると聞いても何とも思いませんでした。子どもの頃から何度か部分日食を体験しているし、こんな大きな宇宙の小さな小さな出来事に、人間が勝手に価値を付けているだけ。そんなふうに思っていました。でも、日が近づくにつれ、テレビで日食の番組を見ているうちに、無性に見たくなってきてしまいました。しかし、観賞グラスを持っていない。そこで、前日にグラスを求めてお店を回りましたが、すべて完売。絶対売れ残っていると思っていたのに。皆の関心の深さに驚かされました。
 
当日、まさにのその時、曇り空に切れ間ができて、くっきりと金環日食が見えました。家族で騒いで見て、その後「見た?」と友人らとメールのやりとり。宇宙から見たら小さな小さな出来事でしたが、愛おしいひとときでした。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryuutokuji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/141

ページ上部へ