ホーム>立徳寺だより>坊守の俳句エッセイ>前日に倉から出せる雛飾る
坊守の俳句エッセイ

前日に倉から出せる雛飾る

2014111816014.png
 先月から長引く娘の風邪や、私の花粉症、息子の健診で通院が続き、大忙しだった今日この頃。やっと落ち着いたと思っていたら、明日はひなまつり。娘に「明日はひなまつりだけど、今年はお人形出さなくてもいいよね」と軽く聞くと、どやされました。主人に頼んで娘と雛人形を飾ってもらい、なんとか体裁をつくろえました。
 
子どもというのはイベントが大好きです。
 
それはイベントには食べ物が付き物だからです。

でも、そこは情操教育の一環なので、一応お祝いすることが親の務めなのでしょう。

それでつい、自分が食べたかったこともあり、「ひなまつりケーキ買いに行こうか」と口走ってしまいました。娘は二つ返事で大張りきり。

しかし、全ての行事にケーキを買っていたら、家計が大変。反省しています。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryuutokuji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/138

ページ上部へ