ホーム>立徳寺だより>坊守の俳句エッセイ>春残しホットケーキを焼く匂ひ
坊守の俳句エッセイ

春残しホットケーキを焼く匂ひ

20141118155836.jpg
 ホットケーキはお好きですか。うちは子供も大人も大好きです。家庭でも簡単に作れるホットケーキは、まさに手作りおやつの王様。面倒くさがりの私でも、何とか作ることが出来ます。
 
 さて、娘の八歳の誕生日が近づいてまいりました。誕生日と言えばケーキ。娘にどうするのか聞くと、「自分で作る」と言います。ケーキなど作ったこともないのに。
でもこの年頃の子はやたらと自分でしたがります。うちの壊れかけのオーブンで作れる訳ないし。
 
私が付きっきりなんて、そんな時間はありません。「ホットケーキの上に生クリーム乗せればいいでしょ」と言えば、娘は「お母さんふざけてるの?」と一言。普段はホットケーキで、あんなに喜んでいるのに。結局、土台のスポンジはケーキ屋さんに作ってもらい、飾りだけする妥協点で収まりました。だんだんぜいたくになっていく娘の成長ぶりには、やや複雑な気持ちでいます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryuutokuji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/137

ページ上部へ