ホーム>立徳寺だより>坊守の俳句エッセイ>夜食終へ置かれしままの茶碗かな
坊守の俳句エッセイ

夜食終へ置かれしままの茶碗かな

20141118155656.jpg
 お気づきの方もいらっしゃると思いますが、住職がダイエットに成功しました。
いままで何度もダイエットを試みてはきましたが、こんなに痩せたのは初めてです。その方法はまず、これまで当たり前のように食べていた夜食を止めることでした。
そして炭水化物抜きの夕食でした。主人は一カ月ほど、野菜たっぷり、肉少なめの鍋を食べ続けていました。
見ている方はもうげんなりです。
 
お陰で本人は、だんだん全体的に小食になってきました。もう明らかに私より小食です。そして気がつくと今度は私が太りだしました。主人にダイエットのアドバイスをしてきた手前、私が太る訳にもいかず、なるべく食べすぎないよう、心掛けています。
 
 先日、主人の部屋を片付けていると、夜食の後らしき食器が置いてありました。どうやら夜食をまた食べているようです。痩せたからと、最近新調した三つ揃えのスーツが着られなくなったらどうするのだろうと背筋がゾッとしました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryuutokuji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/136

ページ上部へ