ホーム>立徳寺だより>坊守の俳句エッセイ>日焼せしことも母なることなれば   釋法蓮(法子)
坊守の俳句エッセイ

日焼せしことも母なることなれば   釋法蓮(法子)

たいよう.gif

日焼けの気になる季節です。最近はオゾン層の破壊による紫外線の悪影響が指摘されています。

でも私はそんなことより、美容のため色白を目指し十代の頃から、紫外線を出来る限り避けてきました。日焼け止め薬、帽子、手袋、日傘をずっと欠かさなかったのです。

するといつの間にか、昔は色黒のほうだったのに、色白になってきました。ああ、よかったよかった。色白は七難を隠すのです。しかしどうしたことでしょう。何年も紫外線を過剰に避けてきたためか、日光アレルギーになってしまったのです。

少しでも日に当たれば、ブツブツと赤いじんましんが出て、夜はかゆくて、かゆくて眠れません。やがて出産をし、子供を育てるうちに、なかなか自分の美白ケアにかまうことがなくなってきました。

時間がなくて日焼け止め薬をつけるのもままならず、抱っこやベビーカーを押す時には、危ないので日傘もさせません。やはり子供の為となれば、自分のことは二の次になってしまいます。母は強し。

あんなに美白に気を使っていた私が、自分でも驚きです。しかし、少しずつ日焼けに慣れていった私は、やがてじんましんの出ることが少なくなってきました。めでたし。めでたしです。

そして、少しだけ黒くなった腕に加え、筋肉も付いてきたと自負しています。まさに“たくましき母の腕”。しかし夫には“女子プロレスラーの腕”と呼ばれています。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryuutokuji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/100

ページ上部へ