ホーム>立徳寺だより>法話>花まつり
法話

花まつり

今から約二六〇〇年前の四月八日に、北インドのルンビニーの花園でお釈迦様がご誕生されました。仏教では毎年「花まつり」や「灌仏会(かんぶつえ)」として、お釈迦様のご誕生をお祝いいたしております。
 
お釈迦様の母親マーヤ夫人は、出産のために生家に向かう途中、ルンビニーの花園に立ち寄り、美しい無憂華(あそか)の華に手を伸ばされました。その時に右の脇腹から、お釈迦様がお生まれになったと伝えられています。そして、お釈迦様はお生まれになるとすぐに、東西南北に向かってそれぞれ7歩あゆまれ、右手で天を指し、左手で地を指して、「天上天下唯我独尊」とおっしゃったそうです。このとき天の神々は花びらを散らし、八大竜王は甘露の雨を降らせて祝福したと記されています。
 
 さて、この「天上天下唯我独尊」とおっしゃった言葉の意味を簡単にいうと、「生きとし生けるものすべての命はそれぞれがとても尊い命である」という意味です。間違っても、「世の中で私が一番尊い、私が一番偉いのだ」という意味ではありません。私たちは、とても大きな命のつながりの中で生きています。ご先祖様の誰一人が欠けても、私はここに存在していません。また、生きているということは、たくさんの人々によって生かされていることでもあります。顔も名前も知らないような人や動物もそうです。自分自身もそうです。自分の為に生きているように思っていても、生きるということは、他のために生きているということでもあるのです。それぞれの尊い命がお互いに、生かし生かされあい生きているのです。「天上天下、唯我独尊」とは命の尊厳を讃える言葉であり、人も生き物も、すべてみな共に生きていることを讃え、喜ぶ言葉でもあります。
 
 また、人間として生まれることの尊さを、お釈迦様はお弟子の阿難に、ガンジス河の砂を手にとらせ、こんな喩え話をされました。「この河の砂ほど生き物がいる中で、人間として生まれるのは、その手に取った砂ほど。そして、人間とし生まれ、その尊さに気付くことができるのは、爪の上に乗った砂ほど。」と、お話しになったそうです。花まつりは、お釈迦様のご誕生をお祝いし、そのご縁の中で、受けがたい人身をいただき、遇い難い仏法に遇わせていただく慶びに気付くための法縁でもあるのです。        合 掌
ページ上部へ