ホーム>立徳寺だより>法話>「新年の心得」~蓮如上人のおさとし~
法話

「新年の心得」~蓮如上人のおさとし~

毎年、お正月を迎えると、いつも思い浮かぶお言葉があります。『蓮如上人御一代記聞書』という書物に書かれている、「道徳はいくつになるぞ道徳念仏申さるべし」という、蓮如上人のお言葉です。
 
これは明応二年(一四九三)の元日、蓮如上人が門弟の道徳さんに向かって語られたと伝えられている言葉です。道徳さんは、新年のご挨拶にうかがったのに、蓮如上人という方はいきなり、「道徳は何歳になったのだ、お念仏を申しなさい」と、お正月早々、なんときびしいことを言われるお方であろうとの印象を受けます。しかし、大切なことであればこそお正月早々、引き締まった年頭の挨拶の時におっしゃったのでした。
 
新年を迎えると、私たちは「おめでとう、おめでとう」と祝辞を述べて浮かれていますが、上人は、何が本当にめでたく、歳を重ねるということはどういうことかを問われているのでした。つまり、新年を迎え歳を重ねるということは、いよいよ「生の意味、死の意味」をしっかり考えなければならない時期であることを指摘されているのです。
 
 蓮如上人と交流があったと伝えられている、一休禅師は、「元旦は冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」と歌われました。誰もが歳を重ね、老いを迎えていく中で、なるべく見ないように、目をそらしてきた自分の死という問題に、しっかりと目を開くことを一休禅師も指摘されました。
 
また、蓮如上人の「いくつになるぞ」とお言葉は、新年を迎え、今年もこのままの状態で続きたいと願っている私たちに、「いつまでも同じではない。だからこそ今を大切にしなければならないぞ」という問いかけでもありましょう。
 
そもそも、すべてが今のまま持続していくという考え事態が誤りであり、常に変わり続けているのが、私と私をとりまく世界です。肉親との別れ、仕事上での挫折、自分が突然病気になってしまうなど、大きな変化が起きるということは常に心得ておく必要があるのです。  そしてどのような人生の問題にぶつかっても、如来様のお救いの中にあることを思い、お念仏申す身となってくださいと、蓮如上人がよびかけてくださったのです。
 
新年早々、嫌な事が書いてある法話だと思われるかもしれませんが、今を大事にすることは、今年を大事にすることであり、そのまま一年、生涯を大事にしていくことでもあるのです。この蓮如上人のきびしい問いかけを私自身のこととして受け止めながら、お正月を過ごしたいと思っています。
 
合 掌

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryuutokuji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/62

ページ上部へ