ホーム>立徳寺だより>法話>正信偈に聴く②
法話

正信偈に聴く②

(ぼん)(のう)(しょう)(げん)(すい)()(けん) (だい)()()(けん)(じょう)(しょう)()

今月の法話で聞かせていただくのは、正信偈の後半に出てくるご文です。「煩悩という悪い心に私の眼が覆われて、阿弥陀如来様のお救いの光をなかなか見ることはできないけれども、私を思ってくださる阿弥陀如来様の大悲のお心は、一時たりとも休むことなく、決して絶えることなく、いつでも私を照らし続けてくださっている」という意味です。          
 
 さて、私達が歩んでいる人生には楽しいことばかりではありません。できることなら嬉しいだけの人生を送りたいと思うのが人間の性ですが、たとえ嬉しいことや楽しいことしか起きていないときでも、その人が幸せと思っているかというと、不思議にそうとも言い切れません。
 
『仏説観無量寿経』というお経さんの中には「田あれば田に憂へ、宅あれば宅に憂ふ」と説かれています。田が無ければ田が欲しいと願い、手にすれば手にしたで、田の心配をしなければいけない。家が無ければ家が欲しいと思い、建てた後には、もっといい家に住みたいなど、一つの願いがかなっても、他の苦しみがまた沸き起こってくるというのです。
 
私達は何か問題があって苦しむのではなく、自らが問題を作り出し、苦しんでいるのだとお釈迦様は示されています。その中で、一番やっかいなのは、煩悩という欲や怒りの心を持つ私達は、その苦しみの種を自らが作り出していることに、なかなか気付くことができないでいることです。
 
人間は自分のしていることに間違いはない、自分は正しいと思いたいものです。まさか自分自身で苦しみを生み出しているなんて想像すらできないものです。私たちの苦しみの根本は、自分の愚かさを自覚できないことなのです。
 
しかし、仏法という阿弥陀如来様の光に照らされて、自分自身の現実の姿を直視することができた時に、本当に愚かであったのは、まさに自分自身だと気付かせていただけるのです。その気付きこそが、苦しみの人生を歩んでいた私から、喜びの人生を歩む私へと変られていくのです。
 
自らの愚かさを自覚し、どんな苦難の中にあっても「ようこそ、ようこそ」と生き抜かれた、足利源左同行が思い出されます。     
 
因幡の妙好人(お念仏を慶ばれたご門徒様)と慕われた、足利源左さんという方は、昭和五年に八十九歳のご生涯を閉じられましたが、そのご生涯は決して平穏なのもではありませんでした。
 
二人の子供を亡くし、二度にわたる火災など、何度も悲しみや苦しみのどん底を味わってこられた方でした。十八歳の時、「おらが死んだら、親さまタノメ」という父親の臨終の言葉が動機となり、聞法を重ねられ、どんな苦しみや悲しみにであっても、すべては私を導いてくださるご縁であるのだと、乗り越えていかれたのです。
 
その源左同行にこんな逸話が残っています。山で蜂にさされた時、「蜂にも針があったんだなぁ。ようこそ、ようこそ」と拝んだというのです。
 
刺した蜂を嫌うのではなく、毒針を持つのは蜂だけでない、自分自身の心の毒針で、いつも他人を傷つけながら生きている。自分だけはまともと思い上がっている私に、蜂が教えてくれたと受け取っていかれたのです。
 
すべては私を導いてくださるもの。できれば会いたくない苦しみや悲しみも私が仏法に遇わせていただく縁であったといただかれたのです。
 
如来様の光に照らされる中で、苦しみの種を作り続ける凡夫である自らを厳しく省みて、そんな私が救われていく、如来様の大悲の世界に、苦しみの種を喜びの種にかえていかれた本当の念仏者のお姿が、しみじみ感じられます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryuutokuji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/49

ページ上部へ