ホーム>立徳寺だより>この頃思うこと>元日本ハム・新庄選手に思う(2007/1)
この頃思うこと

元日本ハム・新庄選手に思う(2007/1)

 昨年のプロ野球は日本ハムファイターズが日本一になりました。その立役者として活躍したのが、新庄剛志選手。その新庄選手は最近あるバラエティー番組の中で、「今シーズンは“笑顔”を忘れないことを心がけていた」と、話していました。

日本シリーズ第1戦では、負けていた最終回も笑顔でプレーし、ベンチでも「大丈夫、明日は勝てるよ」とチームメイトを励ましていたそうです。その甲斐あってか、その後、ドラゴンズに4連勝し、見事日本一に輝きました。

仏教では布施行の中に和願施(わげんせ)という施しがあります。布施といってもお金や物を施すのではなく、これは誰かに会った時に、にっこりと笑顔を施すという意味です。できれば物をあげたくないと思っておられる方でも、このお布施なら簡単にできますね。(笑)

 いつも笑顔でいれば、その顔を見た相手も笑顔になり、自分自身も明るい気持ちでいられます。そして辛い事があった時ほど、笑顔でいることが、その辛さを乗り越える一つの手立てになるのだと思います。

 それにしても、新庄選手のあの異常なまでの歯の白さには、何度見ても驚かされます・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryuutokuji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/43

ページ上部へ