ホーム>立徳寺だより>この頃思うこと>クリスマスに思う(2008/1)
この頃思うこと

クリスマスに思う(2008/1)

子供達にとって昨年最後の大イベントといえば、なんと言ってもクリスマス。
みんな気に入ったプレゼントは貰えたのでしょうか。
 
さて、皆さんもご存じの通り、クリスマスはキリスト教の行事です。本来、
仏教徒には関係のない行事なのですが、日本では、あまり信仰とは関係なく、国民的行事として行われます
 
 「お寺ではクリスマスはしないんですよね」っと、聞かれることがありますが、我が家では、
昨年のクリスマスには、家族でケーキを食べて、娘にはサンタさんがもってきてくれたと、プレゼントを渡しました。
 
お寺に生まれた私の娘には、クリスマスプレゼントがないというのは、ちょっと可哀想だったからです。
私も幼い時は、両親がクリスマスプレゼントを用意していてくれました。
 
 そんなクリスマスの日、娘がおばあちゃんから、グラスのコースターを何枚かもらいました。
そのコースターをテーブルに並べながら、「これはお父さんの分、お母さんの分、
私の分、それから阿弥陀様の分。」とつぶやいていました。
 
お寺でクリスマスなんて、仏様の教えには合いませんが、娘にとっては、仏様と一緒にすごした、クリスマスでした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryuutokuji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/40

ページ上部へ