ホーム>立徳寺だより>法話>最近親しい人を亡くされた方へ
法話

最近親しい人を亡くされた方へ

大切な方を失われ、深いご悲嘆の事と、哀心よりお悔やみ申し上げます。亡き方は私たちにたくさんのものを残してくださいました。ご生前のご苦労はもとより、私たちはどんなに愛しい人であっても、必ず別れていかなければならないことを、自らの死をもってお示しくださっているのです。
 
いまや故人は、阿弥陀如来様のみ手に抱かれて、仏となっておられることでしょう。仏様の教えの中には倶会一処(くえいっしょ)という教えがあります。またひとところで善き人と会うという意味です。私たちも、いつか必ず人間の命を終える時が来ます。その時には、今度は仏同士として、お浄土でお会いすることができるのです。それまで、先に仏となっていつでも私たちを心配し、見守り続けてくださっているのです。
 
仏になられた方が、私たちが悲しむ姿を見て、どうしてお喜びになるでしょうか。それよりも、いつでも仏となって傍にいてくださるのだと、心の糧として、この人生を感謝のお念仏の中で精一杯生き抜いていく、そんな姿を見られた時に初めて、故人はお喜びになるのだと思います。
 
親しい人を亡くすことは、とても大きな悲しみです。しかし、その悲しみを、ただただ悲しみのまま終わらせないでください。その悲しみの中から皆さんに、心強さを気付いていただきたいのです。
 
「あなたに会えてよかった。あなたのおかげで本当に良い人生でありました。今度はお浄土でお会いしましょう。それまで、あなたの分まで、精一杯生き抜いていきますよ。いつでも見ていてくださいね」と、悲しみを心強さに変えていくことが、亡き方の死を無駄にしないということです。
 
そして、残された皆様が、この悲しみや苦しみを御縁として、仏様の教えを聞かさせて戴く身になることが何よりも大切なことなのです。
 
 
皆様に「千の風になって」という詩をご紹介します。
 
 
 
私の墓石の前に立って 涙を流さないでください。
 
私はそこにはいません
 
眠ってなんかいません
 
私は1000の風になって 吹き抜けています
 
私はダイアモンドのように 雪の上で輝いています
 
私は陽の光になって 熟した穀物にふりそそいでいます
 
秋にはやさしい雨になります
 
朝の静けさのなかであなたが目覚めるとき
 
私はすばやい流れとなって駆け上がり
 
鳥たちを空でくるくると舞わせています
 
夜は星になり、私はそっと光っています
 
どうか、その墓石の前で泣かないでください
 
私はそこにはいません
 
私は死んでないのです
 
                   (訳 南風椎)
 
 お葬儀の後、火葬をし、ご集骨をいたします。ご遺骨は故人を支えてくださった大事なお骨ですから、大切に拾わせていただいたことと思います。しかし、故人はそのお骨のある、お墓の中にはおられるわけではありません。まして草葉の陰などにおられるわけでもありません。
 
お浄土という命の故郷で仏となって、「安心して生きてください。いつでも傍にいるのですよ。どうぞ気付いてください」と、時には風になり花になり、光となって、私たちをその命の故郷に生まれる、お浄土の道へと導いていてくださっているのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryuutokuji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/18

ページ上部へ