ホーム>立徳寺だより>坊守の俳句エッセイ>学校のチャイム遠くに夏休   釋法蓮(法子)
坊守の俳句エッセイ

学校のチャイム遠くに夏休   釋法蓮(法子)

20141028164910.gif

皆さんは最近学校のチャイムの音を聞いたことがありますか。「キーンコーンカーンコーン」というあのメロディーです。あれを聞くと私は懐かしくも、また緊張感をおぼえます。私の学校へのイメージそのものなのです。

ところで、早いもので、来年から娘が小学校へあがります。今から、考えなければならない事や、やらなければいけない事がたくさんあります。まだ実状は幼稚園児なのに、私の中では、娘は小学生です。すると、今ままで全く気にとめなかった事が気になりだしました。

娘が通う予定である小学校のチャイムがかすかに聞こえることに気付いたのです。人間の意識とは本当に不思議なものです。そして、毎朝始業のチャイムが聞こえる時、今の娘はまだ熟睡中。一体一年後は、どうなっているのか途方に暮れてしまいます。

今は夏休み真っ只中。それでもチャイムは聞こえてきます。子供のいない教室や校庭に鳴り響いていることでしょう。チャイムの音もいつもとは一味違った趣を感じさせてくれます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryuutokuji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/113

ページ上部へ